奨学金について|入試情報|大阪で美容師,ヘアメイク,声優,保育士,役立つ資格取得ができる香ヶ丘リベルテ高等学校

奨学金についてSCHOLARSHIP

高等学校等就学支援金・授業料支援補助金・奨学金のご案内

授業料負担を少しでも軽減するために、私立学校生徒にもさまざまな支援制度があります。

高等学校等就学支援金(国支援金)

  • 国の制度として、支給されます。
  • 所得に応じて、加算を受けることができます。(下表参照)

私立高等学校等授業料支援補助金(大阪府)

  • 資格や所得基準にあてはまれば、補助金を受けることができます。(成績等の要件はありません)
    • 【資格】
    • ①生徒が国の就学支援金を受給していること
    • ②生徒及び保護者(親権者全員)が大阪府内に住所を有していること
    • ③10月1日において、大阪府内の私立高等学校等のうち、知事が指定する就学支援推進校に在籍していること(本校は就学支援推進校です)
    • ④保護者の市町村民税所得割額(親権者合算)が基準の範囲内であること
    • ⑤本校が指定する期限までに、必要な手続きを行うこと
  • 就学支援金・授業料支援補助金の所得区分と年間支給額(平成29年4月以降に入学される生徒用)
全日制高校、専修学校(高等課程) (平成29年度実績)【2段書きの上段( )は、私立高校生が3人以上いる世帯等の場合】 ※1 年収めやすは、保護者のうちどちらか一方が働き、高校生1人(16歳以上)、中学生1人の4人世帯の場合のものです。
※2 生活保護(生活扶助)世帯はAランクに含まれます。
所得区分
(年収めやす)
※1
保護者等の
市町村民税
所得割額
(親権者合算)
就学支援金
(国支援金)
※年額
授業料支援
補助金
(大阪府)
※年額
支援額合計 保護者負担
(本校の授業料
50万円の場合)
Aランク
(250万円未満)
※2
0円(非課税) 297,000円 203,000円 500,000円 実質無償
Bランク
(350万円未満)
51,300円
未満
237,600円 262,400円
Cランク
(590万円未満)
154,500円
未満
178,200円 321,800円
Dランク
(800万円未満)
251,100円
未満
118,000円 (281,200円)
181,200円
(400,000円)
300,000円
(100,000円)
200,000円
Eランク
(910万円未満)
304,200円
未満
(181,200円)
0円
(300,000円)
118,800円
(200,000円)
381,200円
対象外
(910万円以上)
304,200円
以上
0円 0円 0円 500,000円
  • 大阪府育英会奨学金を併せて利用することができます
  • 就学支援金・授業料支援補助金とも給付制度であり、返還の必要はありません。
  • 大阪府以外の他府県の支援補助金につきましてはお問い合わせください。

大阪府育英会奨学金(無利息貸付)(平成29年度実績)

  • 上記の高等学校等就学支援金及び大阪府私立高等学校等授業料支援補助金と併せると、私立高校の授業料を全額賄うことが可能で、全国で一番充実した制度です。
  • 貸付金額については、1万円単位で自由に選択できます。
資格
保護者が大阪府内に住所を有する者で、向学心に富みながら経済的理由により修学が困難な者
貸付額
奨学資金(無利息)
  • 年収めやす800万円未満の方
    授業料実質負担額+10万円の範囲内で希望する額
  • 年収めやす800万円以上1,000万円未満の方
    24万円の範囲内で希望する額

※年収めやすは、4人世帯の一例です

募集期間
予約募集

中学3年生の9月下旬~10月中旬
※在学中学校にて申請

在学募集

高校在学中の4月中旬~5月上旬

貸付時期
予約奨学生は5月下旬
新規(在学)は7月中旬
貸付額
入学時増額奨学資金(無利息)
  • 年収めやす590万円未満
    25万円の範囲内で希望する額
募集期間
中学3年の9月中旬~10月中旬

※在学中学校にて予約募集と同時申請

貸付時期
専願

中学3年の2月中旬以降

併願

中学3年の3月上旬以降

本校独自の制度

香ヶ丘リベルテ高等学校独自の支援制度です。

奨学金(なでしこ奨学金)

※詳細については別途お問い合わせください
資格 就学意欲はあるものの、経済的な理由により著しく就学が困難な方。
資金使途 学校に納入していただく学費等。
金利 各自銀行等でローンを利用され、明細等をご持参ください。
在学中に限り利息相応分を奨学金として学園で負担させていただきます。

高校生総合補償制度について

本校では在学する生徒たちに有意義に且つ一層快適に過ごしていただくために、学校生活のみならず日常生活の中で直面する病気やケガ等の危険を総合的に補償する「高校生総合補償制度」に全員加入していただいています。

※1〜6等の補償を同時にセットし、生徒とそのご家族に安心をお届けできるものと確信しております。
特長1 在学中(3年間)補償されます。(学校の休みの日でも)
特長2 生徒だけでなく、同居のご家族が誤って他人にケガをさせたり、他人の財物を壊して賠償金を支払わなければならない時の補償。
自転車搭乗中の賠償も保証の対象です。※賠償責任事故が発生した際の示談交渉もAIUが折衝します。
特長3 生徒の扶養者が事故又は病気で亡くなった場合には学業費用を補償。
(授業料等の納入遅延・滞納が発生した場合には本校が直接受け取ることもあります)
特長4 生徒自身がケガ(自転車搭乗中も含む)をされた時や熱中症等にかかった場合の各種の傷害補償。
さらに、病院等に支払った医療費用も補償。
特長5 24時間・年中無休フリーダイヤルにて「医療・健康相談サービス」が受けられます。
特長6 「セカンドオピニオンアレンジサービス」が受けられます。

基本補償【国内・国外とも補償】

他人に損害を与えた場合賠償責任補償 扶養者が不慮の事故
又は病気で万一の場合
学資費用補償
生徒又はそのご家族が誤って他人にケガをさせたり、他人の財物を壊して、法律上の損害賠償責任を負った場合にお役立ていただけます。 卒業までの学費等実費をお支払いします。
生徒本人がケガをした場合
  • 傷害補償
  • 傷害医療費用補償
授業中、クラブ活動中の事故だけでなく、交通事故・レジャー中の事故等、さまざまな事故が対象となり、後遺障害のリハビリテーションのための補償から手術・入院・通院まで幅広い補償が得られます。
  • 入退院/転院のための交通費
  • 治療のため病院に支払った費用
  • その他医師が必要と認めた費用
生徒本人がO-157等に感染した場合特定感染症補償 日射・熱射で医師にかかった場合熱中症補償 生徒本人がケガをした場合地震・噴火 津波補償
特定感染症を発病した場合の後遺障害・入院・通院が補償の対象となります。 日射・熱射で医師にかかった場合の死亡・後遺障害・入院・通院が補償の対象となります。 地震もしくは噴火又はこれらによる津波によってケガなどをされた場合に、死亡・後遺障害・後遺障害追加支払・入院・手術・傷害医療費用・学業費用・疾病による学業費用が補償の対象となります。

詳しくはこちら